カバーマークとプリマヴィスタ【※徹底比較】どっちの化粧下地がいい?口コミ

更新日:

カバーマーク コネクティングベースの口コミ

カバーマークの下地

振るタイプのパウダーと水分の二層式になっていて、使い心地、塗り心地は日焼け止めに近いサラサラしたテクスチャのです。

実際に、「SPF38 PA+++」なので、日焼け止めとしても使用できます。伸びがいいので、少量でよく伸びますので、

コスパもいいと思います。

細かいパールが入っていて、肌を自然にワントーン明るく見せてくれます。白くなりますが、気になるような不自然な白さではないです。

保湿されてる感じで、乾燥から守られてる感じがしました。

こちらはカバーマーク専用ですが、保湿重視の方でしたら違うメーカーのファンデでもイケるかと思います。

ただ、夏場はもしかしたら重たくなるので、不向きかもしれないので、肌質と季節で合わせてみてもいいかと思います。

もちは良く、化粧ノリもいいいので、

一日中よれませんでした!

私はカバーマークのフローレスフィットという練ファンデを使っていますがそちらとの相性がとてもいいです。

仕事で汗をかいたり、時間が経っても特に汚い寄れ方をすることもないので、テカリが気になれば軽くティッシュオフ程度で大丈夫です。

そして、デパコスでは珍しく無香料と紫外線吸収剤不使用なので安心して使用出来るのもいいと思います。

カバーマークとプリマヴィスタを使った比較

たまにプリマヴィスタの下地も使うのですがこちらだとややツヤ感が出ます。

しかし、新しくなってからの方が、塗った瞬間からサラサラなんですが、そのさらさらが良くないのか、

ファンデーションのノリが悪くなりました。

そして、小鼻と口周りが乾燥しがちなので下地のサラサラ感が増して油分が減ったのかやや乾燥を感じます。

テクスチャーはカバーマークと大差ないのですが保湿力がかなり違うと思います。

でも、こちらの下地も乾燥を気にしなければ、こちらはメイク崩れしにくさナンバーワンをうたってますので、カバーマークと同じくらいメイク持ちはいいです。

また、両方ともメーカーの違うファンデーションでも相性は悪くなかったので、なんにでも使えるという点に関しても大差はないと思います。

ただ、プリマヴィスタもカバーマークと同様、

肌色補正や毛穴カバーはできないのがデメリットですね。

また、パッケージはカバーマークのシンプルな日焼け止めに近いデザインですがプリマヴィスタの方が下地!

という感じのパッケージで、ピンクゴールドが大人っぽく上品な感じになっています。

あとは御自身の肌質とご相談しながら、季節に合わせて変えてみるのもいいと思います。

お値段はプリマヴィスタの方がお求めやすく、ドラッグストアにも売っているので手に入りやすいですね。

関連記事

no image 1

ソフィーナのプリマヴィスタとマキアージュはどっちがいいの? ポイント 崩れにくい:マキアージュの勝ち 仕上がり綺麗:マキアージュの勝ち 値段:プリマヴィスタの勝ち (※ただしマキアージュはキャンペーン ...

ダブルウェアと合う化粧下地 2

エスティローダー ダブルウェアと相性のいい化粧下地は? ◎ マキアージュ 化粧下地 ◎ RMKメイクアップベース ◯ プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止下地 △ コフレドール 化粧下地 ✕ セザンヌ 皮脂テ ...

ポールアンドジョーとマキアージュの比較 3

【ポール&ジョー】プロテクティング ファンデーション プライマーと【マキアージュ】の比較 この記事の結論 ①マキアージュの方が仕上がり&コスパが最強 (→1,000円のキャンペーンで資生堂がば ...

-化粧下地

Copyright© 神コスメ , 2018 All Rights Reserved.